SmartJobs(スマートジョブズ)|安全衛生のショク調

安全衛生のお仕事をショク調!!

どんなお仕事?

労働安全衛生法第10条において、一定の規模以上の事業場において、統括管理する者を選任し、安全衛生管理を統括させることが義務付けられています。職場での労働者の危険や健康障害を防止するための措置を講じます。
建設工事現場では、異なる事業所から雇用者が1つの現場に集まって仕事をする場合があり、労働災害が生じる可能性があります。安全衛生水準の確保のため、現場全体を統括管理する体制を図る必要があり、現場で直接労働者を指揮する職長が、安全衛生責任者を兼任する場合が多いです。

お仕事のやりがい・大変なことは?

職場で働いている人の安全と衛生を守る仕事なので、事故やトラブルを未然に防ぐことが求められます。管理体制に抜けもれがないかきちんとチェックし、労働者の命を守る大切なお仕事です。そして万が一のトラブルにも、責任を持って柔軟に対処しなければなりません。多くの場合、現場の責任者や監督など、実質的に指揮を執っている人物が兼任します。職場によっては、衛生管理者、安全管理者、防災管理者、危険物取扱者などの資格取得が求められることがあります。

知ってトクする!?豆知識!

人々の快適な労働環境を守るという使命と、多くの人の命、安全を守っているんだというやりがいがあります。適切な労働環境を提供するための、大切な根幹を担うお仕事なので、陰から人を支える実感を持つことができます。

総評!○○とはこんな仕事だ!

責任感        ☆☆☆
コミュニケーション力 ☆☆
知識         ☆

労働環境の正確な把握のためには、現場員からの情報収集が欠かせません。必要な情報を的確に相手から引出し、現場の構成員にわかりやすく伝達しなければなりません。たくさんの人物をとりまとめ、指示を出すので、相手の意図を正しく汲み取り、伝える能力が求められます。また現場で指揮を執る人物が兼任するとうことで、職場の現状や業務内容を一番理解している必要があります。