SmartJobs(スマートジョブズ)|パーキングスタッフのショク調

パーキングスタッフのお仕事をショク調!!

どんなお仕事?

パーキングスタッフは、工事現場やショッピングセンター等の出入り口に立って、歩行者や車両を適切に誘導したり、有料駐車場では料金の受け渡しをしたりする仕事です。また、パーキングチケットを交付する機械の点検や確認、駐車台数の確認、駐車場内でのトラブルを未然に防止するための巡回や監視業務も主な仕事です。立体駐車場の中でも、大型の機械設備を使っている場合には、ドライバーが入庫出来ない場合などに備えて、普通自動車の運転免許を保有している事などが求められる事があります。

お仕事のやりがい・大変なことは?

立ちっぱなしの仕事になりますから、最初は足が痛くなることがあるかもしれませんが、だんだんと慣れてきます。車の誘導は間違えると事故につながる仕事ですから、責任感も求められます。立体駐車場では、各階の車の空室具合を確認して、適切な誘導をすることが大切です。車の列ができないように、効率よくテキパキと進める事が大事になります。立駐機は車の出し入れに時間が掛かるため、お客さんを長々と待たせることもあり、お客さんの捌き方が大切。車のサイドミラーをたたむ指示を出し忘れたり、車種や仕様に応じた駐車スペースの指示を間違えたりすると、入庫の際に擦って傷がついてしまう場合もあるので注意が必要です。駐車場には様々な車が来るので、車好きなら好奇心をくすぐられますね。

知ってトクする!?豆知識!

スタッフが入り口で車を預かり、お客さんに代わって駐車スペースまで移動するタイプの駐車場では、普通免許に加え、車庫入れの技術も必要です。高級車の運転を代行する時はいろんな意味でドキドキできます。屋外の駐車場では、暑い日、寒い日、雨の日に関係なく外での勤務になるので、体力に自信がない人は、事前に駐車場の様子をよく調べておくといいでしょう。

総評!○○とはこんな仕事だ!

体力  ☆☆
注意力 ☆☆
判断力 ☆

パーキングスタッフとして働く人は、警備会社から派遣されて業務に当たることが多いです。特に学歴も必要なく、年齢制限も厳しくなく決まった日数と時間内での仕事で、給与面でも安定していることから、定年退職を迎えた後の団塊の世代の方も幅広く就業されています。業務には車を移動させる場合もあり、車の免許を持っていると採用に有利になることがあります。外で作業する場合は、暑さ・寒さ対策に気をつけておいてください。